TSURU~蔓~

はじめまして、蔓です。日々の気になる情報をお届けします

【瀬戸大也の嫁】馬淵優佳の両親は中国人で中国語が得意?

   

2017年10月1日に行われたリオ五輪競泳男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也さんと飛び込みの馬淵優佳さんの挙式で、瀬戸さんと馬淵さんが30秒には満たなかったものの、水泳選手らしい息を止める長い長〜いキスをしたことで話題となっています。

なんでも、キスが長すぎて参列者がざわついたそうで・・・笑

ネット上では、そんな瀬戸大也選手の嫁・馬淵優佳さんの両親は実は中国人で、優佳さんも中国語が堪能であることが話題となっています。

そこで今回は、馬淵優佳さんのプライベートについて調査しました!

 

スポンサーリンク

馬淵優佳さんの経歴

名前 馬淵 優佳 (まぶち ゆか)
生年月日 1995年2月5日
国籍 日本
生誕地 兵庫県宝塚市
身長 163㎝
泳法 飛込競技
所属 JSS宝塚スイミングスクール

馬淵さんは、3歳で水泳を始め、6歳で飛込競技を始められたそうです。

2008年には日本選手権においてシンクロと高飛び込みでの2冠を達成。
2009年には日本選手権の3メートル板飛び込みで2位、東アジア大会(香港)では同種目で銅メダルを獲得。
2012年にはインターハイの板飛び込みで3連覇を果たすなど、

その実力はワールドクラス。

 

 

2017年5月24日に同じく水泳選手の瀬戸大也さんと入籍を発表されましたが、まだまだ現役の選手なんですね!

今年行われるユニバーシアードでメダルを獲得することが目標なんだとか。

夫婦お互い高みを目指し合う良きパートナーなんですね^^

馬淵優佳さんの両親は中国人?

父親の名前は馬淵崇英さんと言います。

中国上海出身で自身も飛び込みの選手でしたが、中国語の層の厚さの前に19歳で引退し指導者に転身されています。

中国名はスー・ウェイさんと言うらしいです。

日本には1988年に語学留学のために日本に来てから10年後の2008年に日本国籍を取得しております。

そんな崇英さんは日本に来てから、日本水泳連盟飛込委員、全日本ナショナルチームのヘッドコーチを務めており、五輪5大会出場の男子・寺内健さんら多くの選手を育て上げているそうです。

優佳さんは、そんなお父さんの影響もあって水泳、飛び込み競技を始められたそうです。

馬淵優佳さんの母親は馬淵かの子?

馬淵優佳さんの母親も中国人なんだそうですが、一部の噂では「母親は馬淵よしのさん」という情報が出てきますが、この情報はまったくのデマでした。

馬淵よしのさんとは、優佳さん同様、元飛び込み選手で、1984年ロサンゼルス五輪に出場し、高飛び込みで9位の成績を収められています。

同じ名字、同じ飛び込み選手なので、そのような情報が飛び交ったのかもしれません。

 
馬淵よしのさんの母親も同じく元飛び込み選手の津谷鹿乃子(現・馬淵かの子)さんという名前ですが、この馬淵かのこさんが語学留学に来た優佳さんの父・崇英さんを日本人選手のコーチとして誘ったそうです。

崇英さんはその後帰化されていますが、中国人スポーツ選手は帰化する際、自分がお世話になった人の姓を名乗ることが多いらしく、崇英さんも「馬淵」を名乗るようになったそうです。

なので、馬淵優佳さんと馬淵よしのさんには血縁関係こそありませんが、両親同士そのような関係性があったというわけですね。

ちなみに、優佳さんの実の母親の情報もリサーチしましたが、ネット上には公開されていないみたいです。

代わりに姉と妹の写真は発見したので貼っておきます。

お姉ちゃん大好きな妹と 妹大好きなお姉ちゃん #銀座#ブランチ#まぶち家#姉妹 yuka mabuchiさん(@mabu0205)がシェアした投稿 -

優佳さん含め、美人姉妹ですね!

そんな元中国人(帰化されてますので)の両親を持つ優佳さんも、中国語が得意なんだとか。
SNS上では英語で会話もされており、3ヶ国語を操れるようです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は瀬戸大也選手の嫁・馬淵優佳さんについて調査してきました。

瀬戸選手と馬淵優佳さんの今後の活躍も期待しています!

 - スポーツ選手 ,