TSURU~蔓~

はじめまして、蔓です。日々の気になる情報をお届けします

【画像】瀬戸内寂聴の若い頃がヤバい!?不倫3回子供も捨てた!?

   

 

2021年11月9日に心不全のため亡くなられた作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん。

恋愛や歴史、老いなどテーマに数々の小説を発表され、法話を通じて多くの人たちに生き方を説いてこられた瀬戸内寂聴さん。

そんな瀬戸内寂聴さんですが、若い頃が壮絶すぎてヤバイと噂になっています。

なんでも瀬戸内寂聴さんは不倫を3回もされて子供も捨てたと言われていますが、一体真相はどうなのでしょうか?

そこで今回は、そんな瀬戸内寂聴さんの若い頃について詳しく調査してみたいと思います。

→ 細木数子は2021年現在認知症で京都で療養中だった?病気の噂の真相は?記事はコチラ

→ 小室哲哉の結婚歴&恋愛遍歴まとめ!結婚3回で元カノは何人?記事はコチラ

→【ガクトの生い立ち】韓国人は嘘で両親の実家は滋賀?精神疾患が?記事はコチラ

スポンサーリンク

【画像】瀬戸内寂聴の若い頃がヤバい!?

2021年11月9日に心不全のため亡くなられた瀬戸内寂聴さん。

享年99歳だったそうです。

それでは、そんな瀬戸内寂聴さんが若い頃どのように過ごされたのか調査してみたいと思います。

瀬戸内寂聴さんは若い頃から主に小説家として活動されていたそうです。

若い頃の瀬戸内寂聴さんの画像がありましたので見てみたいと思います。

とても笑顔が柔らかく清楚で可愛らしい印象ですね^^

白黒の画像で時代を感じますが、若い頃の瀬戸内寂聴さんの洋服姿はおしゃれだなと感じます。

そんな瀬戸内寂聴さんは東京女子大学に在学中の1943年に、21歳という若さでご結婚されたそうです。

瀬戸内寂聴さんの夫の名前は酒井悌さんと言い、お見合い結婚だったそうです。


瀬戸内寂聴さんは結婚した翌年に子供を出産して北京に転勤になった夫に同行して、2年間北京で過ごしたそうです。

結婚生活は順調だった思われていたのですが、瀬戸内寂聴さんは夫と会話がなかったんだとか。

瀬戸内寂聴さんは人に寄り添い話をされるイメージがあったので、会話をしない生活なんて想像できませんね^^;

そして、終戦を迎えて瀬戸内寂聴さんのご家族は日本に帰国されたそうです。

ここまでの瀬戸内寂聴さんは至って普通な暮らしぶりに感じますが、どうやらこの後、瀬戸内寂聴さんがヤバいことになった模様です。

 

瀬戸内寂聴は若い頃に不倫3回、子供も捨てた!?


なんと、瀬戸内寂聴さんは若い頃に不倫を"3回"もされたそうです。

ヤバいと言われてもしょうがない過去をお持ちの瀬戸内寂聴さん。

それではここから、瀬戸内寂聴さんの3回の不倫についてまとめていきたいと思います。


 

瀬戸内寂聴1回目の不倫:不倫相手は夫の教え子


酒井悌さんとの結婚生活を送っていた瀬戸内寂聴さんですが、25歳の時になんと夫の教え子である21歳の男性と不倫されたそうです。

瀬戸内寂聴さんは恋愛感情を抱くと抑制が効かず夢中になってしまう性格だったそうで、夫の教え子との出会いで気持ちに火が付いてしまったんだとか。

そして恋仲になり何度も逢瀬を重ねてしまったそうです。

しかし、罪の意識が大きく夫に不倫をしている事実を告白した瀬戸内寂聴さん。

瀬戸内寂聴さんの夫は流石に激怒して、瀬戸内寂聴さんさんと不倫相手が会えないように大阪ら東京への引っ越しを決めたそうですが、瀬戸内寂聴さんは夫ではなく不倫相手を選んだそうです。

つまり、当時25歳の瀬戸内寂聴さんは、夫と3歳の子供を捨てたそうです。


そんな瀬戸内寂聴さんですが、結果的に瀬戸内寂聴さんの気持ちの方が重く不倫相手とは破局され、さらにこの不倫相手は事業に失敗したことを理由に自殺されたんだとか。

夫と子供まで捨てて不倫に走った瀬戸内寂聴さんですが、結局望み通りになることはなかったようですね。


 

瀬戸内寂聴2回目の不倫:不倫相手は作家の小田仁二郎

1回目の不倫が終わり、夫と離婚された瀬戸内寂聴さんは、1950年の28歳の時に小説家「三谷晴美」として活動を始めたそうです。

小説家になった瀬戸内寂聴さんは、なんと妻子持ちの小説家・小田仁二郎さんと2回目の不倫をされたそうです。

小田仁二郎さんは瀬戸内寂聴さんの師匠だったそうで、原稿を見てもらううちに不倫関係になったんだとか。

ちなみに、1963年に女流文学賞を受賞した「夏の終わり」に小田仁二郎さんとの関係が書かれているそうで、それは瀬戸内寂聴さんの出世作となっているようです。


 

瀬戸内寂聴3回目の不倫:不倫相手は作家の井上光晴

さらに瀬戸内寂聴さんは、また別の作家である井上光晴さんと自身3回目の不倫をされたそうです。

瀬戸内寂聴さんと井上光晴さんの不倫は7年間続いたんだとか。

井上光晴さんには娘がおり同じく作家をされているそうで、井上光晴さんが亡くなった後に父である井上光晴さんと瀬戸内寂聴さんの関係を小説に書くため瀬戸内寂聴さんを直接取材されたそうです。

それが、井上荒野さんの作品「あちらにいる鬼」だそうです。


ちなみに、井上光晴さんには瀬戸内寂聴さんの他にも女性がいたと言われており、他の女性がいたことにショックを受けた瀬戸内寂聴さんは出家を決意されたんだそうです。

出家する瀬戸内寂聴さんを見送ったのが井上光晴さんなんだそう。

この日を境に瀬戸内寂聴さんと井上光晴さんは男女の関係ではなくなったそうですが、井上光晴さんが亡くなるまで交流は続いたそうです。

さらに、井上光晴さんの奥さんとは井上光晴さんが亡くなっても交流が続いたんだとか。

不倫関係から破局しても良好な関係になり、さらに不倫相手の家族とも交流を持てるなんて、なかなかあることではありませんよね。

これらのことから、瀬戸内寂聴さんは若い頃不倫を3回も経験するという衝撃的な過去がありヤバいと言われていることがわかりました。


 

瀬戸内寂聴の若い頃まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は瀬戸内寂聴さんの若い頃について詳しく調査してきました。

若い頃にご結婚された瀬戸内寂聴さんですが、不倫をして子供も捨てて不倫相手を選んでいたことがわかりました。

しかしその不倫相手とは結局破局され、その後も不倫を繰り返して結果的に3回も不倫を経験されたそうです。

その後、出家して亡くなるまで僧侶として活動された瀬戸内寂聴さん。

自身の若い頃の不倫をはじめとした経験が多くの人を救っていたようです。

これからも瀬戸内寂聴さんの生き方を説いた法話が多くの方を救ってくれることを願いたいと思います。

→ 細木数子は2021年現在認知症で京都で療養中だった?病気の噂の真相は?記事はコチラ

→ 小室哲哉の結婚歴&恋愛遍歴まとめ!結婚3回で元カノは何人?記事はコチラ

→【ガクトの生い立ち】韓国人は嘘で両親の実家は滋賀?精神疾患が?記事はコチラ








 - 未分類 , , , , , ,