TSURU~蔓~

はじめまして、蔓です。日々の気になる情報をお届けします

横山やすしの晩年の画像は?アルコール依存性で干された?

   

西川きよしさんとの漫才「やすきよ漫才」で絶大な人気を誇っていた横山やすしさん。

天才的な漫才師として有名ですが、51歳の若さで亡くなられています。

晩年アルコール依存症だったという横山やすしさん。

死因はアルコール性肝硬変だったと言われています。

そんな横山やすしさんですが、当時アルコール依存症ということで仕事を干されていた?という噂があるようです。

果たして真相はどうなのか、気になりますよね。

そこで今回は、横山やすしさんは晩年アルコ症ール依存症で仕事を干されていたのか詳しく調査したいと思います。

→【画像】吉田栄作が老けすぎ!老けた原因は干されたから?記事はコチラ

→【画像】加藤晴彦が干された理由は?嫁は誰?現在太った?記事はコチラ

→ 黒谷友香の現在は?島田紳助に干されたの?結婚しない理由は?記事はコチラ

スポンサーリンク

横山やすしのプロフィール

まずは横山やすしさんのプロフィールから見ていきたいと思います。

愛称:やっさん
本名:木村雄二
生年月日:1944年3月18日
死没:1996年1月21日
身長:163cm
出身地:大阪府堺市
最終学歴:堺市立旭中学校
最終所属事務所:吉本興業

漫才ブームの到来と共に記録的な人気を博し「やすきよ漫才」として20世紀を代表する天才漫才師と呼ばれるまでになった横山やすしさん。

やすし・きよしの初期のネタは、横山やすしさんが漫才のネタの台本の半分以上を書き、西川きよしさんがそのネタに訂正を加える形で行われたそうです。

当初はお互いがお互いを蹴飛ばしたり投げ飛ばしたりし、

黒い背広が(ホコリで)真っ白になった

というほどの激しい「暴力漫才」で名を売っていたようです。

横山やすしは晩年アルコール依存症!?

横山やすしさんは1996年1月21日の夜、自宅で寝た状態のまま意識が戻らず、救急搬送され病院に運ばれた時点で心臓と呼吸が止まっており、そのまま51年の生涯を終えられました。

自宅で亡くなったと判断された横山やすしさんは、原因を調べるため遺体の解剖が行われ解剖の結果、死因はアルコール性肝硬変と判明しています。

当時、横山やすしさんの自宅の玄関前には大量のビールの空き缶が入ったゴミ袋があったそうで、亡くなる最後まで大量のアルコールを摂取されていた事が伺えたようですね。

そんな横山やすしさんは亡くなるちょうど10前に、一度吐血していたそうです。

当時の診断結果は、「アルコール依存症による、重い慢性肝炎」

そのとき医師からは、

このまま飲み続けていれば、10年後には肝硬変で死にますよ

と言われていたそうです。

ですが横山やすしさんは医師の言葉を無視して飲酒を続け、1994年頃には腹水が溜まり始めるなど、症状は悪化。

医師が警告した通り、10年後に肝硬変で亡くなってしまったそうです。

激しい毒舌で気の強いイメージの横山やすしさんでしたが、実は私生活ではかなりの寂しがり屋で、そのためアルコールを手放せなかったといいます。

また横山やすしさんは競艇のボートに熱中し、結果借金を重ね、家財の差し押さえの憂き目にも遭っているそう。

相方の西川きよしさんはまじめな性格だった為、徐々に横山やすしさんから距離を置くようになったそうです。

そして1982年に相方の西川きよしさんは参院選に出馬したため、横山やすしさんは自分は見捨てられたと感じさらにアルコールの量が増えていったと言われています。


横山やすしはアルコール依存症で仕事を干された!?

そんな横山やすしさんですが、このアルコール依存症が原因で仕事を干されたという噂があるようです。

詳しく調査してみたところ、横山やすしさんは1982年の秋から、放送されていた「久米宏のTVスクランブル」のコメンテーターとしてレギュラー出演されていました。

しかし、酒に酔った状態で生放送に臨み、暴言を発したことで問題になったそうです。

また、コメントの最中にコマーシャルを挟まれたことに立腹し、

今日は黙秘権

と一言発し、まったくしゃべらなかったこともあるんだとか。

そして1984年11月、渋滞による飛行機の乗り遅れが原因で番組のドタキャンをしたためこの番組は降板となり、吉本興業からは無期限謹慎処分を受けたそうです。


その後も、1987年に放送されていた「スター爆笑Q&A」で酒気帯びのまま出演をし、司会の桂文珍さん、山田邦子さんの制止を振り切ってゲストの片岡鶴太郎さんらに食ってかかるなど度重なる不祥事の結果、多数の番組を降板されていたことがわかりました。

横山やすしさんはかなり破天荒な方だったようですね^^;

横山やすしの晩年の画像は?

悲惨な晩年を送っていた横山やすしさん。

芸能界から干された形になった横山やすしさんは、収入が全くなくなり、家計は嫁がNHK集金のパートタイマーなどで働き支えたそうです。

そんな横山やすしさんは、1992年に内田裕也さん主演で宇崎竜童監督の映画「魚からダイオキシン!!」にヨコヤマ役で出演し芸能界に復帰されています。

ただメジャーなテレビの世界には戻れず、「ミナミの帝王」シリーズの第1作目「トイチの萬田銀次郎」など、Vシネマの世界へと活動の場を移されたそう。

同年の7月には、右翼団体「風の会」から、第16回参議院議員通常選挙に比例区で出馬しますが落選された横山やすしさん。

落選後のインタビューで横山やすしさんが、

国民がアホや!

と言い放った言葉は流行語になり、その人気の健在ぶりを示しますが、不祥事を繰り返した横山やすしさんを使うテレビ局はなく、華やかな世界に戻る事は叶わなかったそうです。

この選挙直後の8月、横山やすしさんは何者かから暴行を受けて重傷を負い緊急入院されました。

なんと、この事件の影響で横山やすしさんは一時は失語症になるなどの重症だったんだとか。

この時の犯人は捕まっておらず、選挙がらみの恨みであるとか、横山やすしさんが人妻相手に不倫をしておりその相手の夫から報復を受けたとも噂されていますが、真相はわかっていないそうです。

そして1995年7月、横山やすしさんは京都府八幡市の石清水八幡宮で開催された太鼓まつりにゲスト出演し、久々に大衆の前に姿を見せたそうですが、当時50歳とは思えないほど体は老け込んでやつれてふらつき、

まるで高齢者のようであった

と、観覧した人々に衝撃を与えました。

それから間も無くの1996年1月、横山やすしさんは51歳の生涯を閉じたようです。

横山やすしは晩年アルコール依存症まとめ


いかがでしたか?

今回は横山やすしさんは晩年アルコール依存症で仕事を干されていたのか詳しく調査してみました。

横山やすしさんは医師から「アルコール依存症による、重い慢性肝炎」と診断されて、飲み続けると10年後には死ぬと宣言されていたことが分かりました。

そして医師の宣言通り10年後にアルコール性肝硬変でお亡くなりになっています。

そんな横山やすしさんは、当時出演していた番組に度々酒気帯びのまま出演し不祥事を繰り返していたため、かなりの数の番組を降板されていたこともわかりました。

ということで、横山やすしさんは結果的にアルコール依存症で芸能界から干された形になったと言えそうです。

現在では考えられないエピソードばかりの横山やすしさん。

あまりにあっけない最期だったとはいえ、生き急いだ天才らしい生涯だったことは確かなようですね。

→【画像】吉田栄作が老けすぎ!老けた原因は干されたから?記事はコチラ

→【画像】加藤晴彦が干された理由は?嫁は誰?現在太った?記事はコチラ

→ 黒谷友香の現在は?島田紳助に干されたの?結婚しない理由は?記事はコチラ








 - お笑い芸人 , , , ,