TSURU~蔓~

はじめまして、蔓です。日々の気になる情報をお届けします

石子と羽男は漫画が原作?脚本,あらすじ,キャスト紹介!

   

2022年7月8日にスタートするTBS新金曜ドラマ・石子と羽男~そんなコトで訴えます?~。

中村倫也さんと有村架純さんがタッグを組むこともあり、放送前からかなり話題になっていますね!

4月期ドラマの元彼の遺言状やインビジブルのように、男女がバディを組むドラマは面白いものが多いので、この石子と羽男もかなり期待してしまいます。

そこで今回は石子と羽男を楽しむために

石子と羽男原作はある?

石子と羽男あらすじは?

石子と羽男キャストは?

などを調査していこうと思います。

ぜひ参考にしてください。

→ドラマ・テッパチの原作は韓国ドラマ?あらすじやキャストは?記事はコチラ

→ オールドルーキーの原作は?モデルは黒部光昭で実話!?記事はコチラ

→ ドラマ【ユニコーンに乗って】はパクリ!?韓国ドラマのリメイク説も!記事はコチラ

スポンサーリンク

石子と羽男は漫画が原作?

最近のドラマは人気漫画が原作になっていたり、韓国ドラマがリメイクされていたりするものが多いですが、今回の石子と羽男はどうなんでしょうか?

かなり変わったタイトルなので、漫画が原作だったりするのかなぁと思っていたんですが、完全オリジナルストーリーだということが分かりました!

原作がないドラマは先が読めないので純粋にストーリーが楽しめ、それだけでドラマへの期待度が上がりますよね^^

TBSのドラマで男女のバディものといえば、高橋一生さんと綾瀬はるかさんがタッグを組んだ天国と地獄が大ヒットしています。

前クールのインビジブルもかなり面白かったので、中村倫也さんと有村架純さんのタッグでどんなドラマが生まれるのか、今からかなり楽しみです!

石子と羽男の脚本は?

オリジナルストーリーということであれば、ドラマが面白くなるかどうかは脚本次第!

ということで、今回石子と羽男の脚本を誰が担当するのか調べてみました。

石子と羽男の脚本は西田征史!

今回石子と羽男の脚本を担当するのは西田征史さんです。

代表作はこんな感じ。

ドラマ
・とと姉ちゃん

・怪物くん

・魔王

映画
・響-HIBIKI-

・信長協奏曲

・小野寺の弟・小野寺の姉

・泥棒役者

アニメ
・TIGER&BUNNY

・RE-MAIN

ドラマだけではなく、映画やアニメなど幅広く活躍されている脚本家さんのようです。

石子と羽男は演出とプロデューサーがすごい!

そしてなによりこのドラマで注目したいのが、プロデューサーが新井順子さんで演出が塚原あゆ子さんであることです!

この二人がタッグを組んだドラマは必ずと言っていいほど面白い。

例えば、

・Nのために

・夜行観覧車

・リバース

・アンナチュラル

・MIU404

・中学聖日記

・着飾る恋には理由があって

どうですか?

期待しかないですよね!

石子と羽男のあらすじは?

石子と羽男~そんなコトで訴えます?~は、世の中で起こる些細なトラブルにも、弁護士の存在で快適に暮らせることがあるという日常を描いたヒューマンドラマです。

よくある弁護士ドラマのように、大きな事件を解決するといったシリアスな話ではないようですよ。

以下、ドラマのあらすじです。

東大卒ながら4回も司法試験に落ちたパラリーガルの石子(有村架純)は、真面目でコツコツ努力が取り柄の性格。

頭が固いことから石子と呼ばれています。

対照的に羽男(中村倫也)は、見たものを写真のように記憶できる能力を持っていて、司法試験にも1回で合格。

自分のことを羽のように軽やかな性格と言っています。

石子はまた司法試験に落ちることが怖くて、5回目の司法試験を受けられません。

羽男も想定外のことが起きると対応できなくなるという弱点があり、それを隠して天才を気取っています。

それぞれにコンプレックスを抱えた2人がコンビを組んで、実際にあった嘘みたいな日常のトラブルを解決していきます。

石子と羽男のキャストは?

最後に現在発表されているキャストについて紹介します。

有村架純(役:石田硝子/石子)

東大卒のパラリーガル。

学生時代から「真面目でコツコツ積み上げていく、そして石のように頭が固い」ことから「石子」と呼ばれる。

東大法学部を首席で卒業。
しかし司法試験に4回落ちた。

5回目は落ちるのが怖くて試験を諦めて、パラリーガルとして父親が営むマチベン「潮法律事務所」に勤めている。

父親の綿郎と2人暮らし。

少しの無駄も許さない倹約家。

中村倫也(役:羽根岡佳男/羽男)

高卒の弁護士。

高校卒業後、アメリカの大学へ進学したが半年で自主退学した。

その後アメリカを数年間放浪。

写真のように見たモノを記憶する「フォトグラフィックメモリー」という能力の持ち主。

おかげで司法試験も一発合格。

自分が周りからどう見られているかの「ブランディング」を何よりも気にしていている。

憧れは「型破りな天才弁護士」。

ある日、綿郎と出会って「潮法律事務所」で働くことになる。

赤楚衛二(役:大庭蒼生)

中古車販売店で働く販売員。

高校時代は剣道部で真面目に打ち込み、3年間エースとして活躍した。

真面目かつ不器用で面白みはないが、まっすぐで心優しく、困っている人を見ると助けたくなる性格。

カフェで充電をしていたら訴えられた。

第1話の依頼人で今後のキーパーソン。

おいでやす小田(役:塩崎啓介)

父親が営む「そば処 塩崎」で勤務。

明るくて気さくな性格。

出前を口実に「潮法律事務所」に寄っては綿郎とおしゃべりをして楽しんでいる。

独身で石子に一目惚れし、何度もアプローチしているが全く気づいてもらえない。

さだまさし(役:潮綿郎)

マチベン「潮法律事務所」を営む。

娘の硝子と二人暮らし。

困っている人を放っておけない根っからのお人好し。

誰とでも友達になり、綿のようにふわふわとした性格。

無料で相談を受けてしまうため、娘の石子からいつも小言を言われている。

仕事上は上司ということやある事情から、石子からは敬語で話しかけられていて寂しさを感じることもしばしば。

羽男を事務所にスカウトした。

誰にも弱音を吐けない羽男が唯一、心を開く相手が綿郎でもある。

石子と羽男は漫画が原作?脚本,あらすじ,キャスト紹介!まとめ


いかがだったでしょうか?

今回は7月8日スタートの石子と羽男~そんなコトで訴えます?~について、原作やあらすじ、キャストを紹介してきました。

石子と羽男は漫画が原作などということはなく、完全オリジナルストーリーです。

主演は中村倫也さんと有村架純さんのW主演。

これまでの弁護士ものとは違う、面白いドラマが生まれそうでワクワクします。

放送を楽しみに待ちましょう!

→ドラマ・テッパチの原作は韓国ドラマ?あらすじやキャストは?記事はコチラ

→ オールドルーキーの原作は?モデルは黒部光昭で実話!?記事はコチラ

→ ドラマ【ユニコーンに乗って】はパクリ!?韓国ドラマのリメイク説も!記事はコチラ








 - ドラマ , , , , , ,